泊まれる町家 天領上下

楽しみ方

歴史に育まれた、あたらしい空間

―明治初期、角倉財閥の別邸として生まれた建物を後世に

近年、築100年を超える商家や町家は空き家となり
保存が難しくなったものは解体され、急速に失われつつあります。
致し方ないことだとわかっていても、とても残念に感じます。

上下の町も、他と同様にそのままにはしておけない建物があります。
その一つに挙がっていたのが、築150年を超える角倉別邸。
歴史的・文化的価値のある商家を後世につなぎたい。

その想いから生まれたのが

泊まれる町家「天領 上下」です。

泊まれる町家は、ベッドを1空間として借りる方法が比較的多いですが、
ホッとできる空間を確保しつつ、適度な距離感で人と人との交流が生まれるように、
ホテルのような1部屋貸しというスタイルを取っています。

―明治の人々の暮らしを彷彿とさせるところが随所に。

黒しっくい塗込壁、なまこ壁、上下らしいの格式高い商家のつくり。
明治初期から150年以上の年月で生まれた経年美。

どの方角から眺めても美しい、日本らしい風景が凝縮された箱庭。
風薫る縁側。室内と屋外を緩やかにつなぐ土間。
職人の粋と技が光る欄間。
床の間、大きな木材を使用した立派な梁。
いにしえより磨いてきた床や柱。蚊帳用のフックやハンガーをかけるフック・・・

大小見どころ、触れどころが満載です。